ふくふく動物病院

MENU

お知らせ

ハムスターの頬袋脱



口の端からぶら下がっている肉のようなものは、頬袋と呼ばれるハムスター特有の袋です。

左右の頬の内側にあり、食べ物を頬袋に詰め込んで運びます。
これが何らかの理由で反転してしまう状態が頬袋脱です。

気にして自分の両手で引っ張ったり、齧ってしまうと壊死してしまったり、細菌感染が起きてしまいます。

本日のお昼に麻酔下で切除しました。
頬袋の根元がかなり腫れていたため、まだ腫れは残っていますが徐々に腫れが引いていくのを待とうと思います。



高齢のハムスターに多いといわれています。
原因は
・感染から起こる炎症
・腫瘍
が主なものです。

とがったものを食べてしまうことで頬袋を傷つけることが炎症の原因としては多いでしょう。

頬袋脱が軽度の場合は綿棒で押し戻して内服薬で様子を見ますが、再度脱出してしまうこともあります。
脱出してから時間がたった場合、化膿が起きている場合、壊死が起きている場合、押し戻しても再脱出する場合は麻酔をかけて切除します。

早く元気を取り戻してくれるように、様子を見ていきます。
前へ 一覧ページに戻る 次へ
診療WEB予約 薬・フード注文 お問い合わせ
オンラインストア動物ナビ 猫まみれ情報 猫ねこ部
top
0836651468 WEB予約 皮膚病専門サイト page top

皮膚病専門サイトはこちら

WEB予約