ふくふく動物病院

MENU

コラム

猫のお口の健康を守るデンタルケア

猫のお口の健康を守るデンタルケア。歯磨きの頻度や方法は?

私たちヒトと同じように、猫にとっても大切なのがお口の健康です。
猫は痛みに強く、多少の痛みで訴えてくることはないため、
気がついた時には症状がかなり進行していたということも。そこで欠かせないのが日々のデンタルケアです。
今回は、猫によくあるお口のトラブルやデンタルケアの方法についてご紹介します。

 

猫によくあるお口のトラブルは?

猫は、むし歯になることはありませんが、歯肉炎や歯周炎を伴う歯周病になることがあります。
口の周りや顔を掻いたり、気にしているそぶりを見せたりする、食事が食べづらそう、歯茎が腫れて出血している、
歯がぐらぐらしている、口臭が気になるといった場合は、歯周病の可能性が。歯周病が進行すると、
歯の根本に膿がたまるだけでなく、口の中の細菌が全身に広がり、病気を引き起こすこともあるので注意が必要です。

また歯周病になった場合、軽度であれば内科治療ですみますが、進行すれば麻酔を伴っての歯石除去や抜歯などが必要なこともあります。
治療費が高額になることはもちろん、治療期間も長くなってしまうため、猫への負担は大きくなってしまいます。
もちろん、早期発見・早期治療を心がけることが大切なのですが、何より、日々のケアで歯周病にならないようにすることが重要です。

まず大切な日々のケアは、歯磨き

では、猫のデンタルケアとは具体的にどのようなことを行えばいいのでしょうか。
まずは、ヒトと同じ、歯磨きです。歯周病予防で大切なのは、歯に歯垢を溜めないこと。
そのため、動物病院やペットショップなどで購入できる猫用歯ブラシを使って、ブラッシングを行います。
力を入れすぎると歯茎を傷つけてしまうので、優しく撫でるようにブラッシングを行いましょう。
歯磨きは、できれば毎日行いたいですが、難しかったり、猫が激しく嫌がったりする場合は、2〜3日1度からスタートしてください。

また、なかには歯ブラシを口に入れることを嫌がる猫もいます。
その場合は、まずはガーゼや歯磨きシートを指に巻きつけて、歯の表面を撫でるようにして慣らすことからはじめてください。

愛猫に合ったデンタルケア用品を取り入れて

ブラッシング以外にも、猫のデンタルケアに役立つ専用アイテムが多く販売されています。
歯磨き用のおやつやおもちゃ、ボールは猫が楽しみながら、ケアできるため、ブラッシングを嫌がる場合にもおすすめ。
また、飲水に加えたり、口腔内に直接塗布するスプレーしたりして、歯石や歯垢の蓄積を防ぐタイプのアイテムも。

また、最近は、歯石ケアができるキャットフードも販売されています。
オーラルケアの効果が期待できる酵素が含まれていたり、噛むことでブラッシング効果を促進する大きく硬い粒になっていたりするので、
気になる方は取り入れてみてはいかがでしょう。

獣医師の力も借りながら、愛猫のお口の健康を守って

ご自宅での毎日のケアはもちろんですが、ときには獣医師の力を借りることも検討してみましょう。
まずは毎年、定期歯科検診を。定期検診を受けていれば、もし歯周病が見つかっても、軽度で治療できる可能性が高くなります。
歯石の蓄積が気になる場合は、麻酔をしたうえで、専門的なクリーニングを受けることも検討しましょう。

また、ブラッシングのアイテムや方法に悩んだ場合も、お気軽にご相談ください。猫ちゃんのお口の健康を一緒に守っていきましょう!

山口市阿知須の総合動物病院|ふくふく動物病院

山口市阿知須の「ふくふく動物病院」は、ペットたちのかかりつけ総合病院として、予防から治療まで飼い主様からの様々なご相談をお受けしております。
予防接種や健康診断、デンタルケアなどの予防や、去勢・避妊手術をはじめ皮膚病の専門的な治療や各種治療まで幅広く対応をしております。

メディカルトリミングやペットホテルなど、ペットを飼う上での医療のパートナーとしてペットや飼い主様に寄り添いたいと考えております。

■住所
〒754-1277 山口県山口市阿知須1079−1
■TEL
0836-65-1468
■サイト
【オフィシャルサイト】
https://fukufukuvet.com/

前へ 一覧ページに戻る 次へ
診療WEB予約 薬・フード注文 お問い合わせ
オンラインストア動物ナビ 猫まみれ情報 猫ねこ部
top
0836651468 WEB予約 皮膚病専門サイト page top

皮膚病専門サイトはこちら

WEB予約