ふくふく動物病院

MENU

コラム

犬が痒がる、その症状「アレルギー性皮膚炎」かも?

犬が痒がる、その症状「アレルギー性皮膚炎」かも?原因や治療方法を知りたい!

犬の病気で多い皮膚病。いぼができたり、赤味があったり症状はさまざまですが、中でも多いのが、かゆみを伴う皮膚炎です。とはいえ、一言に皮膚炎といってもさまざまな病気や要因が考えられます。はっきり病名がつくこともあれば、精神的要因が原因と考えられる症例もあり、よくある症状ながら、獣医師の丁寧な診察が必要な症状です。今回は、痒みを伴う皮膚炎のなかで、考えられる症例のひとつ「アレルギー性皮膚炎」について、まとめました。

 

アレルギー性皮膚炎の症状は?

食べ物や花粉、ハウスダストなど、本来は体に害がないものに対して、過剰に免疫が働いて怒ってしまうのが「アレルギー」。結膜炎や鼻水、くしゃみ、呼吸症状、下痢、嘔吐などさまざまなアレルギー症状があります。

そんなアレルギー症状の中で、犬によくみられるのが「皮膚炎」です。アレルギー性皮膚炎では、強い痒みが出ることがあり、激しくかくことで皮膚を傷つけ出血したり、炎症を悪化させたり、毛が切れて薄くなったりします。また皮膚の状態が悪化すると、皮膚に常駐するブドウ球菌や細菌が増えやすくなり、赤いぶつぶつやフケなどさまざまな症状が出てしまいます。

どんな治療を行うの?

アレルギー性皮膚炎を疑う場合、まずは血液検査でアレルゲンを特定します。花粉やハウスダストといった環境アレルゲンと、食物アレルゲンを調べ、アレルゲンがわかったら、原因となるものを避けるようにします。

血液検査を行わない場合は、まずアレルゲンとなる食材を予想して、除去した食事「除去食」をとってもらうようになります。とはいえ、除去食は1〜2カ月続けて与えた上で、皮膚炎が治るかどうか、経過をみていき、治らなければまた別の食材を予想して…というのを繰り返すため、結果が出るまで時間がかかってしまいます。そのため、特に食物アレルギーを疑う際、症状が強い場合、結果を早く出したい場合は血液検査を受けることをおすすめします。

食物アレルギーでない場合は「アトピー性皮膚炎」かも

食物アレルギーでない場合に考えられるのは、「アトピー性皮膚炎」です。アトピー性皮膚炎は、生まれつき皮膚のバリア機能が弱く、アレルゲンが皮膚から体の中に入りやすいことも原因といわれています。環境アレルゲンが原因ですが、花粉やハウスダストカビなどは回避することが難しく、アレルゲンを除いた生活を送るというのはほぼ不可能です。そのため、薬や薬用シャンプー、サプリメントなどで症状を緩和させます。

薬によって合う合わないものがあり、中には副作用がでてしまうものもあります。そのため獣医師と相談しながら、愛犬にあった薬を探していきます。季節によっても症状がひどく出たり、逆におさまったりすることがあるので、症状の強弱に合わせて投薬していきましょう。また「完治」は難しく、薬をやめると症状が再び現れてしまうため、多くの場合は投薬を続けていく必要があります。

アレルギー性皮膚炎は、さまざまな原因で起こります。愛犬が慢性的に痒がるようなら、まずは獣医師に相談してみましょう。

山口市阿知須の総合動物病院|ふくふく動物病院

山口市阿知須の「ふくふく動物病院」は、ペットたちのかかりつけ総合病院として、予防から治療まで飼い主様からの様々なご相談をお受けしております。
予防接種や健康診断、デンタルケアなどの予防や、去勢・避妊手術をはじめ皮膚病の専門的な治療や各種治療まで幅広く対応をしております。

メディカルトリミングやペットホテルなど、ペットを飼う上での医療のパートナーとしてペットや飼い主様に寄り添いたいと考えております。

■住所
〒754-1277 山口県山口市阿知須1079−1
■TEL
0836-65-1468
■サイト
【オフィシャルサイト】
https://fukufukuvet.com/

【皮膚病専門サイト】
https://skin.fukufukuvet.com/

前へ 一覧ページに戻る
診療WEB予約 薬・フード注文 お問い合わせ
オンラインストア動物ナビ 猫まみれ情報 猫ねこ部
top
0836651468 WEB予約 皮膚病専門サイト page top

皮膚病専門サイトはこちら

WEB予約