ふくふく動物病院

MENU

コラム

爪真菌症

爪の調子が悪くて治りません。
という主訴でセカンドオピニオンで来院されたわんちゃん。
ほぼ治療終了しましたので、報告します。

2021年5月


ちょっと画像を大きめにしていますが、爪が黒くなり変形しています。
爪は非常にもろく爪切りすると切るというよりも崩れるという印象でした。
爪の根元の皮膚も真っ赤になっています。
ほぼ1年近くこの状態でよくならないとのことでした。
・爪の栄養性の問題
・爪の真菌症
両方の可能性を考えました。
爪の真菌症の確認のため、真菌培養しました。
栄養面ではドッグフードをしっかり食べているとのことで可能性は低いかもしれませんがとお話しし、
検査結果が出るまではサプリメントを投与していただきました。
足先のシャンプーは可能とのことでしたので、マラセブシャンプーで爪と爪の根元も含め洗っていただきました。

※検査結果は真菌症でした。

結果がわかってからは、イトラコナゾールの内服も追加しました。

初診から1.5か月後


爪の根元の方からきれいになってきています。
爪の先端はボロボロした感じの爪ですが、根元からしっかりした爪が出始めました。
皮膚の発赤も減りました。

初診から2.5か月後



写真が下手で申し訳ない。爪より指にピントが合っているので見にくいですが、
ほぼ良好な爪になっていました。
症状がひどかった部分は、まだ爪の先端に少し黒い部分が残っているのですが、
根元よりきれいな爪が出てきているので、シャンプーの継続と短期間の投薬をお願いして終了としました。

もちろん、爪のチェックは欠かさないようにお願いし、少しでも違和感が出てきたら来院することをお願いいたしました。

遠方からの来院であり、お仕事が忙しい方だったのでずいぶん無理なお願いもしましたが、
頑張って通院してくださり、自宅でのシャンプーや投薬もしっかりやってくださりました。


皮膚疾患でお悩みの方はどうぞお声がけください。
少しでもお力になれれば幸いです。
一覧ページに戻る 次へ
診療WEB予約 薬・フード注文 お問い合わせ
オンラインストア動物ナビ 猫まみれ情報 猫ねこ部
top
0836651468 WEB予約 皮膚病専門サイト page top

皮膚病専門サイトはこちら

WEB予約