ふくふく動物病院

MENU

コラム

マイクロチップの装着が義務化。メリットやデメリットは?

犬や猫に埋め込まれる「マイクロチップ」。2022年6月には、動物愛護法に基づきペットへのマイクロチップ埋め込みが義務化されることになりました。
そもそもマイクロチップは一体どんなもので、装着することでどんなメリットがあるのでしょうか?

マイクロチップって何?

ペットへの装着が義務付けられるマイクロチップは、直径2mm、長さ12mmの円形型のチップです。
チップはそれぞれに15ケタの個体識別番号が記録されています。チップの番号には、飼い主の指名や住所、電話番号、メールアドレスといった飼い主の情報と、動物の名前や生年月日、性別、動物種などが登録されていて、特別なリーダーで読み取ることで個体が識別できるのです。GPSの機能はなく、あくまで識別を助けるための電子タグとなります。

 

マイクロチップのメリットは?

マイクロチップ装着の義務付けは、ペットの息を減らすことが目的です。またペットが迷子になったときや地震・事故などで飼い主と離れ離れになったときにも、保護された際に自治体や動物病院がリーダーでマイクロチップを読み取ることで、飼い主さんに連絡することが可能です。
またマイクロチップは首輪につける迷子札とは違って、一度装着すれば何かの拍子に外れて落としてしまうという心配がありません。電池交換の必要もないため、一度体内に埋め込めば、半永久的に使用できます。

マイクロチップを挿入するにはどうすればいいの?

では、実際にマイクロチップを装着するにはどうすればいいのでしょうか。
マイクロチップは、通常の注射針より少し太めの針がついたマイクロチップ注入器で体内に注入します。注入の際の痛みは、一般的な注射と同じくらい。獣医療行為にあたるため、獣医師が行う必要がありますが、麻酔や鎮痛剤は使用しなくても大丈夫。犬は生後4週から、猫は生後2週から埋め込むことができるため、避妊・去勢手術と合わせて注入しても良いでしょう。
料金は動物病院によって異なりますが、数千円程度です。マイクロチップは装着後に、専用の登録用紙に飼い主情報や動物情報を記入し、登録を行います。

マイクロチップは体に装着しても害はないの?

マイクロチップといえども、体にとっては異物。装着したことで、動物に害となることはないのか心配する方もいます。
マイクロチップの表面は、生体適合ガラスなどでできていて、電磁波を発信する装置でもありません。投与される個体への負担は少なく、ショック症状などの副作用の報告はありません。
ただし、MRIを使用する際、機材によってはマクロチップの影響が出てしまうこともあるようです。

マイクロチップが義務化。すでにおうちに迎えている犬猫は?

マイクロチップ挿入が義務付けられることになりましたが、すでにおうちに迎えている犬猫の場合は努力義務とされています。マイクロチップという異物を愛犬・愛猫に装着することに抵抗感を覚える方がいることは確かです。しかし、アレルギーや副作用のリスクは少なく、大きなメリットがあります。
万が一、事故や災害でペットと離れ離れになった時に備えて、マイクロチップの装着を検討してみてはいかがでしょうか。

 

山口市阿知須の総合動物病院|ふくふく動物病院

山口市阿知須の「ふくふく動物病院」は、ペットたちのかかりつけ総合病院として、予防から治療まで飼い主様からの様々なご相談をお受けしております。
予防接種や健康診断、デンタルケアなどの予防や、去勢・避妊手術をはじめ皮膚病の専門的な治療や各種治療まで幅広く対応をしております。

メディカルトリミングやペットホテルなど、ペットを飼う上での医療のパートナーとしてペットや飼い主様に寄り添いたいと考えております。

■住所
〒754-1277 山口県山口市阿知須1079−1
■TEL
0836-65-1468
■サイト
【オフィシャルサイト】
https://fukufukuvet.com/

【皮膚病専門サイト】
https://skin.fukufukuvet.com/

前へ 一覧ページに戻る 次へ
診療WEB予約 薬・フード注文 お問い合わせ
オンラインストア動物ナビ 猫まみれ情報 猫ねこ部
top
0836651468 WEB予約 皮膚病専門サイト page top

皮膚病専門サイトはこちら

WEB予約