ふくふく動物病院

MENU

コラム

ドッグランで注意すべきことは?怪我やトラブルを防ぐために準備しておくこと

普段のお散歩もいいけれど、ときには広々したスペースで思い切り愛犬に楽しんでもらいたい。そんな思いから、ドッグランを利用されている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。愛犬の運動不足やストレス発散にぴったりなのがドッグランです。しかし、多くの犬が集まるなか、リードを外して遊ばせるドッグランでは注意したいことがあります。楽しく、安全にドッグランを楽しむために、気をつけたいことをご紹介します。

犬同士のトラブルで起こるケガを防ぐために

リードを外し、飼い主から離れて自由に行動ができるドッグランでは、開放的になって興奮してしまうこともあり犬同士のトラブルが起こりやすくなります。じゃれあう程度なら良いですが、ときには本格的な喧嘩になってしまうことも。愛犬が怪我を負ったり、相手に怪我をさせてしまったりして、ときに命を落としてしまったというケースもあるのです。そのため、自由にできるドッグランとはいえ、最低限のマナーやしつけは必要です。

知らない人や犬がたくさん集まるドッグランに行くには、まずほかの犬に慣れさせておくことが大切です。パピー教室や普段のお散歩で行き交う人や犬と触れ合う機会をできるだけ多くつくってください。また、なにかあったときに飼い主に注意が向いて呼び戻せるように、「おいで」「待て」「いけない」といった最低限のしつけもしておきます。最初はおうちのなかで、リードをつけて行い、成功したらご褒美をあげて教えていきましょう。

ドッグランに行ったら、すぐリードを外さないで、リードをつけたまま徐々にその場に慣れさせてください。また、リードを外す際も首輪やハーネスはつけたままで。何かあった時に、掴むことで、犬同士を引き離したり、制御できたりしやすくなるためです。

またヒート(発情)中の犬を連れていくのはやめておきます。避妊手術をしていない雌犬は、半年に1回ヒートがきますが、他の犬を興奮させてしまうためトラブルのもとです。ヒート中は犬も具合が悪いということもあるので、ドッグランは避け、家でゆっくり過ごしましょう。

感染症やノミ・ダニ対策をしっかりと

ドッグランに行くからという理由だけでなく、普段からフィラリア予防に努め、ノミ・ダニの対策をしっかり行っておきましょう。
たくさんの犬が集まる場所は、感染率が高くなる可能性があります。また、こちらもドッグランを利用するしないに関わらず、1年に1度は狂犬病予防接種や混合ワクチンなどの予防接種を受けるようにしてください。

愛犬から目を離さないで

犬にとって社会性が身に付くドッグランは貴重な場です。しかし、相手の犬が迷惑がるほどしつこく行動していれば、喧嘩になってしまうことも。
ドッグランでは、ついつい飼い主さん同士でおしゃべりが弾みがちですが、愛犬から目を離さずにしっかり見守ってあげましょう。

また、ドッグランは必ずしも連れていかなければいけない場所ではありません。犬も私たちと同じで、ほかの犬とコミュニケーションを取ることが怖かったり、外で走り回るよりおうちでゆっくり過ごしたかったりと、性格はそれぞれ。そんな子にとっては、ドッグランがストレスになることもあります。愛犬の性格をみて、必要であればルールやマナーを守って、ドッグランを利用するようにしましょう。

山口市阿知須の総合動物病院|ふくふく動物病院

山口市阿知須の「ふくふく動物病院」は、ペットたちのかかりつけ総合病院として、予防から治療まで飼い主様からの様々なご相談をお受けしております。
予防接種や健康診断、デンタルケアなどの予防や、去勢・避妊手術をはじめ皮膚病の専門的な治療や各種治療まで幅広く対応をしております。

メディカルトリミングやペットホテルなど、ペットを飼う上での医療のパートナーとしてペットや飼い主様に寄り添いたいと考えております。

■住所
〒754-1277 山口県山口市阿知須1079−1
■TEL
0836-65-1468
■サイト
【オフィシャルサイト】
https://fukufukuvet.com/

【皮膚病専門サイト】
https://skin.fukufukuvet.com/

前へ 一覧ページに戻る 次へ
診療WEB予約 薬・フード注文 お問い合わせ
オンラインストア動物ナビ 猫まみれ情報 猫ねこ部
top
0836651468 WEB予約 皮膚病専門サイト page top

皮膚病専門サイトはこちら

WEB予約